MENU

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電と聞くと、主に環境に良いというイメージしかないと思います。

 

しかし、太陽光発電には単なる自然エネルギーとしての利用価値だけではなく、設置した人にとってはメリットの方が大きいシステムになっています。
では、実際にどんなメリットやデメリットがあるのかを説明していきたいと思います。

 

メリット

まず初めはメリットから紹介したいと思います。

 

光熱費の削減

一つ目は光熱費を削減できるというところです。
自分の家や土地で太陽光を使い電気を作っているので、わざわざ電気を買う必要がありません。
導入するだけで、電気料金が削減できるのです。

 

収益

二つ目は太陽光発電によって作った電気を売り、お金に換えることが出来るところです。
使わなかった電気を捨てることなく、売ってお金に換えることが出来るのです。
つまり、決して無駄にはならないのです。

 

災害時に役立つ

三つめは災害時にも役に立つというところです。大雨や地震による影響で、電線や発電所の事故によって電気の供給が止まってしまうことがあります。
しかし、太陽光発電を設置している家の場合は違います。
電気は太陽が出ている限り発電され続けるので、結果的には電気が止まることがないのです。

 

補助金

四つ目は補助金が出るというところです。
今、政府のエネルギー関連の事業の中に太陽光発電が含まれています。
積極的に太陽光パネルを設置するように呼びかけているのです。
いわゆる、自然エネルギーを国内に普及させるためです。そのおかげで太陽光パネルを設置する際に県や国から設置費用の負担を軽減するために補助金が出る仕組みになっています。

 

デメリット

メリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

発電量が不安定

一つ目は発電量が不安定だというところです。太陽光の量は日々変化するため、当然安定しないのです。

 

メンテナンス

二つ目はメンテナンスが必要なところです。設置保証期間は無料なのですが、それを過ぎると有料となります。

 

太陽光のトラブルはこちらのサイトに書いてある通り、他にも色々とあります。

 

メリット、デメリットをそれぞれ紹介してきました。

 

しかし、メリットの方が大きいのは一目瞭然です。

 

ただし、設置をすると検討しているのなら、早めにした方が政府からの10年間にわたる売却価格保証がつくため、さらにメリットが大きくなります。

 

 

太陽光発電の注意点

現在は世界中で環境に対する取り組みが行われています。

 

その中でも特に大気汚染に関する取り組みがあり日本は二酸化炭素の排出量が世界第5位と高い為、環境に配慮した様々な製品が販売されています。その中の一つが太陽光発電といったシステムです。

 

現在太陽光発電は環境対策の一環として企業や住宅において使用されていますが、太陽光発電にはいくつかのメリットが挙げられています。

 

メリット

環境面

まず一つ目は環境に配慮されている事です。

 

その理由は太陽の自然エネルギーを利用しており、発電時は二酸化炭素や硫黄酸化物といった大気汚染となる物質が出ないと言われています。また季節や地域によっての差はありますが太陽のエネルギーは無限であると考えられているので、底が尽きるといった心配がないと言われています。

 

規模を選べる

二つ目は設置する場所の広さに合わせて規模を決定する事ができる事です。
例えば会社の場合は比較的広くなる傾向にありますが、個人の住宅の場合は大きさも様々です。
また近年は日射量が確保できる壁に設置される事があるので、多くの場所でパネルを見かける事が可能となっています。

 

メンテナンスは意外と手軽

三つ目はメンテナンスが手軽であると言われている事です。
太陽光発電のシステムは他の発電システムと比べて構造がシンプルになっています。耐
用年数は平均して約20年となっているので、比較的長く利用する事ができるとされています。

 

注意点

しかし太陽光発電を利用する時はいくつかの注意点も挙げられています。

 

まず一つ目は補助制度です。

 

太陽光発電が開始された当初は国の援助額も比較的高めとなっていましたが、現在は下がりつつあります。

 

また自治体によって制度が異なるので設置する前は確認をする事が大切です。
また補助を受けられる可能性もありますが、太陽光発電により電気の売買が行われた時は金額に応じて税金がかかるのでこちらも確認が必要です。

 

二つ目は日射量が1日どのくらいになるかの把握です。

 

例えば朝と夕では太陽の向きにより日射量が異なる場所もあるので、どの程度の日射量があり発電するのかといった確認も大切となります。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ